マンション投資の歴史

日本がまだ経済成長が著しく、不動産の価格が上昇していた時期にはワンルームマンションへの投資が最も盛んに行われていました。
ワンルーム業者が特に地方の資産家に対して首都圏や関西圏、中京圏の物件を紹介していました。
電話での勧誘が現在のように時間制限やしつこい勧誘の禁止などが無かったので、夜遅くに電話がかかってくることもありました。
ワンルーム業者の中には賃料保証をする業者もありました。
地方の資産家の中には一棟丸ごと購入するようなケースもあったと聞いています。
しかしながら、バブル崩壊の影響でワンルーム業者の多くが経営が厳しくなり、中には賃料保証の重さで破たんしたところも少なくありませんでした。
こうしてワンルーム物件は下火になりました。

今後のマンション投資

長く続いたデフレで全国的に不動産価格の下落が続いていましたが、漸く首都圏や関西圏、中京圏では下げ止まり、一部の地域では明確に上昇傾向を示し始めました。
日本は人口は減少傾向を示していますが、人口の高齢化はマンション投資には追い風になります。
年をとると一戸建ての住宅の管理は体力的にも費用的には相当の負担になります。
核家族化の影響で子供たちを一緒に住む高齢者が少なくなっているので、一戸建てを維持できない人が増えています。
勿論、この中には新たに物件を購入する人も少なくありませんが、まず試しに住んでみようという理由で賃貸物件を探す人たちも少なくありません。
デベロッパーも最近は都市圏エリアでの物件の創出に力を入れています。

マンションの留意点

都市圏エリアでの投資用マンションの購入に際しては賃借人を確実に確保できることが重要です。
通勤や通学の利便性を優先するのか高齢者の利便性を優先するのかによって購入する物件は大きな差異があります。
若い層をターゲットにするのであれば比較的狭い物件で済むので金額は少なくて済みます。
高齢者をターゲットにするのであればバリアフリーなど内装にもある程度金額をかけた物件になります。
駅に近いことは絶対条件ですが、高齢者向けはスーパーや病院などの立地についても考慮しなければなりません。
最近は単身赴任者をターゲットにして家具や電気製品を標準装備にして賃貸物件とすることも増えています。
購入前には地元の業者の意見を必ず聞くようにすることが重要です。

オススメリンク

初心者でも安心して始められる不動産投資がしたいなら【兵庫県の不動産投資サポート会社を集めました】

マンションの活用法

最近は金融資産が膨張しているので、投資をして利益を得ようとしている人が増えています。
その影響で土地や建物を利用したビジネスが活発化してきて、マンションを使った商品がよく売られています。
不動産を使ったビジネスは以前は一部の人がするもので…Read more

業者の種類

土地や建物を使ったビジネスを頼めるところが最近増えていて、この頃はいろいろな業者に依頼をする事ができます。
以前は土地や建物のビジネスは一部の特殊な人向けのもので、一般の人が手を出せるものではありませんでした。
それが土地取引の活性化で以…Read more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年8月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31